【初音ミク】ハイセンスナンセンス【オリジナル曲】

ここでは、「【初音ミク】ハイセンスナンセンス【オリジナル曲】」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ミクさんの曲でも特に好きなものなのに紹介し忘れていたのでここでご紹介。
(ブログをはじめてからアイマスばっかり見ているせいかどうも他ジャンルの好きな作品を紹介し忘れるお馬鹿な傾向があります)

ボーカロイドより人間が歌ったほうが雰囲気がいいという意見は分かります。
人間用の曲だったらやはりどこかに人間くささというものが必要で、そういうのはまだボーカロイドではだせないと思いますし。

でも逆にボーカロイドが歌ったほうがいいって曲もありますよね。
たとえば「*ハロー、プラネット。」なんかは機械くささ(といったら怒られそうだな)があったほうが断然味があっていいと思います(どっちのほうが素晴らしいというものではなくやっぱり適材適所なんじゃないですかね)

そして方向性は全然違いますけどこの「ハイセンスナンセンス」も人間よりミクさんが歌ったほうが絶対いい曲だと思います。
ていうか普通に歌えないですけど。

本曲は電子音と繰り返すミクさんの声、呪詛にも似た歌声と狂気を帯びた歌詞、さらに可愛さと破綻した何かが混じりあって圧倒的な世界観を構築している作品です。
これはもう感嘆の声しかあがりませんね。

曲も絵もまさにハイセンスでナンセンス。
ボーカロイドのある種の頂点だと思います。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sakenotumamivip.blog112.fc2.com/tb.php/2659-72b2bbc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。